検証 新宿武蔵野館スクリーン1が如何に見ずらいか、これで封切館?

新宿武蔵野館スクリーン1映画館

ミニシアターの雄が泣くお粗末さ

歴史的には古い日本映画史と共に歩んだ映画館なんですが。

新宿の商店街の有志により「武蔵野館」ができたのは、1920年地上3階建て、座席数600の映画館としてスタートして、もはや100年の歴史ある映画館。

幾多の遍歴を経て、2016年に耐震耐震補強を施してリニューアルし現在の形になっております。

上映される作品は、いわゆるメジャーでは取り上げない、良質な作品を多く上映するいわゆるミニシアターと言う分類に入るかと思います。

しかし、残念ながら座席により見にくい席があるのも事実です

特に、スクリーン1,2,3とあるなかでスクリーン1がひどすぎます

新宿武蔵野館スクリーン1の座席表

前の席の人の頭がスクリーンにかかってしまう。

信じられないでしょうが、本当のはなしです。

他のスクリーンもそうですが、全体的に天井が低く、よって座席に段差が少ししかつけられておりません

新宿武蔵野館スクリーン1

以前にも、見にくくて嫌な思いをしたので、チケット購入の時にどこが見やすいですか尋ねたところ。

天井が低くスクリーンも小さいので前目のD,E,F列がお勧めです」という事で、D12を購入しました。

こんな感じで、この時は空いていて前の席に人がいなかったので、助かりましたが。

ご覧の様に、前列に人が座り頭が座席から出ると完全にスクリーンにかかってしまいます

前列が背の高いかた、いやそんなに高くない方でも、頭が出ますので困ったものです

他でやっていれば他の劇場を選択するのですが。

ミニシアターの上映作品は数少ない上映館しかないので

さらに、スクリーン1は2,3に比べて座席数が多いので、封切りの最初の週に使われます

ですから、評判のいい作品やどうしても見たい時は、できるだけ観客の少ない日や時間を選ぶようにしています。

シネコン全盛の時代、同じ料金を取っていてこれはないですよね

以前にも、嫌な思いをして、クレームを付けた時もありましたが。

もはや諦めました。

上映が始まると、必ず何人かは、座席を移動し始めるのもおなじみの光景です

どうしても、前列の観客の頭で悩むのなら、多少は観にくいですが、最前列を選ぶ手もあります

しかし、お粗末ですよね、他のスクリーン2,3はここまでひどくはないですが、見やすい劇場とは言い難いです。

行く方は、くれぐれもご注意ください、チケット購入の時「前回前列の人の頭が邪魔で見にくかった、どこが見やすいですか?」と聞いて購入するのも一つの手ですが、絶対ではありません

ミニシアターだからしょうがないのでしょうか、良質の作品を見れるだけに残念です。

コメント