映画『声もなく』韓国のリアルな農村、鶏卵場と奇妙なふたり。

映画『声もなく』ポスター映画館
https://filmarks.com/movies/93684

都会に住むとわからない、農村の生活、それも日本ではなく韓国。そんな舞台で繰り広げられる信じられない出来事、本当にこんなことがあるんだろうか、題材としては面白いのですが。あらゆる要素をつまみ食いしている感があり、もう一つインパクトに欠けます。

退屈な農村と驚愕の仕事。

舞台は、韓国の農村。

鶏卵場を営む、二人組。

二人の関係は、明らかになっていない。

こんなところに住んでるのなんて思えてしまう、農村の住宅

汲み取り式のトイレ

ただ、豊かな緑の農村風景が、心を癒す。

そんな、のどかな農村の中で、奇妙な二人組の営む仕事。

大人しく、鶏卵を扱うだけでない。

暴力団に頼まれた死体処理をしている。

それだけで、意表を突くのですが。

物語は、残酷さやバイオレンスを描くのではなく。

あえて言うなら、「絆」とでも言ったらいいのでしょうか。

奇妙な二人組

鶏卵場を営むのは。

チャンボク(ユ・ミジン)、テイン(ユ・アイン)の二人

テインは、口がきけない。

ひょんなことから、誘拐された少女を預かるテイン。

疑似家族を構成して行く。

残酷な場面と牧歌的風景、そして奇妙な「絆」

題材としては面白いと思うのですが

どれも、描き切れていない感があります

韓国社会の闇、子供の誘拐、人身売買

インパクトのあることが、続くのですが。

映像は、どこまでも穏やかで牧歌的で。

牧歌的なのも、韓国風牧歌的とでもいいましょうか。

むせかえる様な田舎が、迫ってきます

いろいろ詰め込んではいるのですが、結局どれも描き切れていないと言うのが、私の正直な感想です。

映画『声もなく』公式サイト:https://koemonaku.com/

コメント