『HANA-BI』北野武の美学の詰まった作品。国立映画アーカイブ

映画『HANA-BI』ポスター未分類
https://amzn.to/3gJIf5U

北野武の美学の詰まった『HANA-BI』その攻撃性と自殺願望。相反ずるようで、北野武には同じように心の中に存在している。1990年代を代表する北野作品を国立映画アーカイブで。

1990年代日本映画。国立映画アーカイブ企画上映

国立アーカイブス企画上映ポスター
https://www.nfaj.go.jp/exhibition/

お馴染みの国立映画アーカイブ。

今回は、~5/1までのロングランから、北野武監督『HANA-BI』

1998年作で、北野作品全18作の中で7作目にあたる作品。

映画監督としても、すでに認められた頃。

日本の大御所監督や海外での評価が高かった。

ツービートで漫才コンビで頂点に立ち、その有り余る才能を映画にぶつけた。

そんな作品です。

北野作品にみる、武の攻撃性と自殺願望。

特に、初期の作品にこの傾向を強く感じます。

『HANA-BI』は、元刑事で余命いくばくもない妻とのムービー。

そこには、元刑事でありながら、暴力団とも関係をもち。

そのはみだしぶりが、映画の核でしょうか。

暴力、何でもありの性格。

それでいて、元同僚や妻に対するやさしさ

北の美学の結晶でしょうか

漫才でもそうですが、彼のスタイルは、その攻撃性。

攻撃性は、外へ向かえば他害

自己に向かえば、自殺となるのですが

彼の中にその二つのエネルギーが、あふれていたのだと。

その攻撃性を、漫才や映画作品としてぶつけていた

よかったですね、現実社会でそんなことしたら、犯罪者ですから。

いわゆる、昇華ということでしょうか

どうか、そんな北野武の攻撃性と相反するやさしさが詰まった作品。

『HANA-BI』を鑑賞して、北野美学に染まってみては。

独特なカメラワークと色彩感覚、台詞回し

北野ワールドに酔いしれてください

コメント