映画『西成ゴローの四億円』 不屈で無敵な退屈さもおりがみつき

映画『西成ゴローの四億円』ポスター映画館
https://natalie.mu/eiga/news/443477

年間100本位映画館で作品を見ていれば、当たりもあれば外れもあります。『西成ゴローの四億円』題材やキャッチコピーは、結構そそられたのですが、キャッチコピー倒れということに相成ってしまいました。題材や素材は悪くないんですがね、調理に失敗した。

公開したばかりで、申し訳ないんですが。

率直な感想。

大阪西成区の日雇い労働者の男が、主人公。

どうやら訳ありで、何やら深い過去をもっているようで。

その男の復讐劇とも、現金奪取劇というながれなのですが。

なにか、台詞がはっきり聞こえないとでも言いますか。

とにかく、主人公の活舌が悪すぎる。

それは、ともかくとして、話の流れが読みずらい

この男、どんな理由で西成に流れ着いたのか。

少しづつ明らかになるのだが。

そのあたりが、画面や演技からとにかく読みずらい。

結局ある程度理解できたところで。

だから何なの、そんな感じ

特に驚く設定も、展開も感じられない

キャッチコピーの「この男、不屈で無敵」の言葉だけ空回り

いや主人公は、強いですよ。

しかし、お話の展開や成り行きにこれと言った新機軸を感じない

簡単に言うと、先が読めてしまう。

続編『死闘編』もあるそうで

前編をみただけでは、とても見る気は起りません

残念ながら。

いくつか、面白い素材は用意されているんですが。

とにかく、物語の展開の読みずらさが映画を台無しにしてます

2021年製作ですから、コロナ禍の制約の製作現場だろうと想像できるのですが。

最近のコロナ禍の製作作品はつまらない。

しょうがないでしょうね。

そんななかでも、健闘している作品はあるのですが。

西成ゴローさん、活舌をしっかりとして、物語の展開を整理してください

物語中の政府要人のスキャンダルも説得力ないし、ありきたりです。

『西成ゴローの四億円』公式サイト:https://goro-movie.com/

コメント