『マヤの秘密』探検映画ではありません。スリリングな個人の秘密です

映画『マヤの秘密』ポスター映画館
https://maja-secret.com/#modal

長引くコロナ禍でますますつまらなくなる映画、制約を受ける現場では致し方ないのでしょうが。そんな中検討しているのが、『マヤの秘密』、1950年代のファッショナブルなアメリカの中流家庭に起きる悲劇、幸せはそう簡単には手に入りません。

コロナ禍で、ますますつまらなくなる映画。

製作現場はいろいろ制約を受けていることは、想像できるのですが。

おそらく、このコロナ禍の2年間に制作された作品は、のちの時代にも語り継がれる位、不作の年となるのは間違いないのでは

しょうがないとはいえ、映画ファンとしては、歯がゆい限りです

その中では、表題作の『マヤの秘密』は、それなりに頑張っているとはおもいますが。

やはり、しっかり追い込めていない

画面からあふれ出る緊張感に欠けるのは、致し方のないことか

一日も早く、日常が戻ってくるのを祈るばかり。

とは言っても、こうも制限下の期間が長いと、それまでの日常を忘れてしまってるのも事実。

1950年代のアメリカ

ここが舞台のお話。

アメリカの郊外、中流家庭の主婦マヤ。

彼女は、ヨーロッパで第二次世界大戦中に受けた、ある悲劇的出来事。

戦後、アメリカで結婚した彼女は、その秘密を家族に隠したまま生活をおくるのですが。

ひょんなことから、その秘密と相対することに。

さあ、その解決と結末は如何に。

となかなか興味深い題材なのですが。

冒頭にもふれたように、なにせコロナ禍での製作。

なんとなく、画面から物足りなさとでもいいましょうか。

それでも、作品としては、及第点にあると思います。

一日も早く、製作現場に活気が戻るように

そう祈るばかりですが。

こればかりは、コロナの終息は、今だはっきりとは見えてこないので何とも。

しかし、今回の作品でも取り上げられた、1950年代のアメリカとは、なかなか魅力的ですね

まあ、白人中流家庭が、もっとも元気になって行く、そんな時代ですから

音楽もファッションも魅力的に、描かれております

私達が、子供のころの昭和40~50年代に見たアメリカホームドラマのようで。

何処か、新しいものへの希望が膨らんでくる。

そんな、時代だったかと。

今では、アメリカの中流家庭は消滅してしまったと言うくらい、白人社会の凋落は激しく。

そのかわり、黒人の地位が向上した現在なのですが。

そんな、アメリカンドリームが健在だった頃を、映像で確かめてみては。

ただ、マヤが抱える秘密はとてつもなく闇が深いのですが、そのあたりのコントラストが、作品の要でしょうか。

『マヤの秘密』公式サイト:https://maja-secret.com/#modal

コメント