プロレス デスマッチと言う世界で生きるプロレスラー「葛西 純」

映画『狂猿』ポスター映画館

コロナ禍で苦闘するプロレスラー「葛西純」、彼がカリスマと呼ばれるそのリングスタイルはデスマッチ。そのあまりにの過激さに思わず目を背けてしまうのですが、その世界に全てを掛けている姿を描いた映像『狂猿』。あなたは、これを見てなにを感じますか。

映画『狂猿』デスマッチと言う世界で生きる

プロレスラー葛西純デスマッチという特異な分野のカリスマです。

映画『狂猿』ポスター

リングに用意されているのは、有刺鉄線、ガラス、画鋲、蛍光灯、カミソリ等々

ある意味なんでもありの試合。

写真でもお解かりの様に、その体は見るからに傷だらけそのもの。

1974年生まれであるから、今年で47歳になり決して若くはない。

その彼は、デスマッチの世界では「狂猿」と呼ばれ、海外でも圧倒的知名度を誇り、カリスマ的存在です。

映像は、その彼を日常、家族との時間、試合を隠さずに追い続けます。

もういいよと言いたくなってしまう。

映像を見てての偽らざる感想です。

熱狂的ファンがいるかわり、拒絶反応を示す人もいるだろうなと感じます。

過激さが過激さを生み、どんどんエスカレートして行くように思えてなりません

怖い物見たさ、そんな世界を感じますが、「ちょっとやりすぎじゃない」と思ってしまいます。

葛西自身も語っているのですが、試合に出る前は、もうやめようこれを最後にしようと。

しかし、試合が進み観客のコールを聞くころになると、自分の生きて行く場所はここだと感ずるそうで。

アドレナリンが出るのでしょうか、生きているという感覚を強く感じるのだと思うのですが

登山家や冒険家の方にもこういうタイプの人が多いですね。

葛西純著書「クレイジーモンキー 」

リングでみせる表情と違って、私生活での葛西は実に温和な人である。

子供が二人いて、家族家庭を守ろうとする父親の姿がそこにあり。

まさに体を張って生きているのですが。

コロナ禍で、思うように興行は打てないのが悩みですね。

今後、どのような展開をするのかわからないですが。

新たな方向性を模索しているのは、間違いのないところです。

自宅で、ネット販売の自らのグッズを梱包する姿等々。

生きて行くのは並大抵ではないと感じつつも。

別の人生もあるのではと思ってしまうのは、私だけでしょうか。

確かにカリスマではあるのですが、その試合内容が、あまりにも過激なので

映画『狂猿』公式サイトhttps://kyoen-movie.com/

コメント