もはや映画の中でしかありえない父親の復権か『Mr.ノーバディー』

映画『Mr.ノーバディー』ポスター映画館

60’sのナンバーにのせて、うだつが上がらない父親が水戸黄門様のごとく暴れ回る、痛快アクション映画『Mr.ノーバディー』。アメリカのお父さん達も、もはや家庭内ではその存在感や居場所も危ういのでしょか、せめて映画の中だけでも、ジョン・ウェインの様に。

映画『Mr.ノーバディー』ポスター

アメリカでは、父親の家庭での存在は大きいはずなのだが

意外とも思われる方が多いかもしれませんが。

アメリカという国は、家庭内での父親の位置と言うのは高いのです。

ひとえに、キリスト教国であるがゆえなのですが。

その教えの中に、父親は神の教えを我が子に伝える教師であると。

そう、だから父親の言葉は、ある時は「神の言葉」というと大げさですが。

その位、家庭内での発言権は強いはずなのですが。

今回の様な作品を見てしまうと、決して昨今はそうでもないのかなと思ってしまいます。

60’sのナンバーに乗ってさっそうと暴れまわるオジサン

映画『Mr.ノーバディー』ポスター

そう、まるで西部劇でも見てるかのような。

勧善懲悪で、悪をバッタ、バッタとなぎ倒す。

古き良き時代の再現でしょうか。

見ていて、なんか今どき流行んないよな。

そして、なぎ倒す相手が、ロシアのマフィアときたら。

あまりにも、お定まりで、う~んと頭を抱えてしまう。

そんな感想をもつのは私だけでしょうか。

まあ、猛暑の夏ですから、理屈抜きにスッキリした気分になりたい

そんな目的だったら、ありの映画でしょうか。

『Mr. ノーバディー』/ToHoシネマズhttps://hlo.tohotheater.jp/net/movie/TNPI3060J01.do?sakuhin_cd=019615

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

コメント