何となく結末が読めてしまう映画『殺人鬼から逃げる夜』

映画『殺人鬼から逃げる夜』ポスター映画館

韓国社会の闇に迫るなんてのを期待したのですが、残念ながら平凡な作品です。サイコキラーに狙われるろうあ者親子がドラマのかぎなんですが、上手く素材を生かし切れていないご都合主義的なところも残念です。

韓国作品のおどろおどろしさを期待すると裏切られます

映画『殺人鬼から逃げる夜』一場面

そこまで言うと言い過ぎかもしれませんが。

韓国のサイコキラー物のあのしつこい残酷さ。

執拗な犯行。

そんな展開でクライマックスはどうなるんだろう。

なんて、作品を期待していたのですが。

残念、あらかじめ用意された結末に向かって、順序良く進行する作品とでもいいましょうか

見ていて、ああこういう展開でこうなるのだろうなと思った通り進んでくれます。

そういう点からすると、物凄く物足りない作品です

ぐいぐい見る者を引き付けるのが得意な韓国映画なのですが。

映画『殺人鬼から逃げる夜』一場面

その点でも残念ながら裏切られます。

韓国映画のサイコキラーは刃物を使った犯行が多いですよね。

今回もご多分に漏れずなのですが。

オノを脳天めがけて振り下ろすのもお決まりパターんで

そうなら、ドラマのスピード感で強引に観客を引っ張って行くという力もないし。

何か、散漫な場面が続くのも残念です

犯人の性格も今一つ読み切れず

なぜ、こんな犯行を繰り返すのだろうなんてところを描くともう少し深い作品になったのでは

あるいは、そのあたりを描かないところで、犯人像の不気味さを際立たせたかったのか。

いずれも、失敗に終わった作品ですね。

犯人を生み出す、韓国社会の闇まで迫れば秀作なのですが。

『殺人鬼から逃げる夜』公式サイト:https://gaga.ne.jp/satujinki/

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

コメント