悲しい被害者だけの映画『空白』、少女はなぜ逃げたのか。

映画『空白』ポスター映画館
https://movies.yahoo.co.jp/movie/376919/

古田新太、松坂桃李、寺島しのぶ。芸達者な俳優陣を揃えたわりには、もう一つインパクトに欠ける作品。悪くはないのだか、なんだか平凡な作品との印象はぬぐい切れない。それぞれの登場人物をもう少し掘り下げてくれれば、深みが出たと思うのだが、

万引きをした少女

作品の映像では、はっきりとわからない。

品物を手に取る少女、その手を捕まえるスーパーの店長。

はっきりと、万引きする場面を作ることだってできたのに。

話がすすむにつれて、多分万引きしたんだろうなとなるのですが。

その辺り、意識してそう描いたのか。

釈然としないまま物語が進む。

したがって、登場人物に感情移入が出来にくく

常に物足りなさがつきまとう

漁師の父と娘の家族。

舞台は、愛知県蒲郡市。

離婚して、漁師の父親と中学生の娘の二人家族

娘は、スーパーで化粧品の万引きを咎められ。

現場から逃げ、追ってくる店長。

そこで、車にはねられて、命を落としてしまう。

怒り狂う父。

生前は、少女のことなど理解しようともしない父。

亡くなって初めて、失ったものの大きさにきずく父。

持っていき場のない怒りが、学校、スーパーの店長、娘をはねた運転手に向かう。

亡くして初めて娘と向かいあう父

粗暴で、人のいう事など効かない父が、初めて娘を理解しようとする。

スーパーの店長とてある意味被害者。

個人商店のスーパーの店長では、万引き被害に敏感になるのは無理からぬこと。

結局は、被害者だけが残った形だろうか

しかし、事件の関係者に心無い罵声、いやがらせは、いつものことながら、心痛い。

事件を通して、始めて娘を理解し始めた父親。

なんとも、やるせない話ですが。

その理解を通して、父親の心の傷が癒されて行く展開が、ほっとさせます。

しかし、その為の代償が如何に多きなものだったか。

誰にも感情移入できない作りが、もう一つ物語に入っていけない展開が、はがゆい

映画『空白』公式サイト:https://kuhaku-movie.com/

人気ブログランキング - にほんブログ村
にほんブログ村の人気ブログランキングは数多くの人気ブログが集まるブログランキングサイトです。(参加無料)
Amazon.co.jp: プライム・ビデオ: Prime Video
Amazon.co.jp: 全品無料配送(一部を除く)。当日お急ぎ便なら注文当日にお届け。コンビニ、ATM、代引きでのお支払いもOK。豊富な品揃えから毎日お安くお買い求めいただけます。

コメント