デビッド・クローネンバーグ カルト映画の巨匠 初期SFホラーの傑作

映画『ザ・ブルード 怒りのメタファー』のポスター映画館

人間の無意識下にある表面には出てきてはいけないもの、それが突如浮き上がってきたら手が付けられなくなる。そんな恐怖を見事に映像化したデビッド・クローネンバーグの初期代表作『ザ・ブルード 怒りのメタファー』存分に堪能して下さい。

新宿シネマアートにて『ザ・ブルード 怒りのメタファー』

というわけで、シネマアートにて好評のデビッド・クローネンバーグの二作品が上映されました。https://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/movie/000729.html

デビッド・クローネンバーグ監督の二作品のポスター

この中から、今回は、デビッド・クローネンバーグ監督の初期の最高傑作『ザ・ブルード 怒りのメタファー』を観ました。

サイコ・プラズミック治療という発想

映画の中で、精神科医が独自に開発したサイコ・プラズミック治療によって、怒りの産物(ブルー:胎児)が暴れまくる作品です。

まあ、その発想が新鮮です。

人間の無意識の中にある怒りを引き出すわけですから。

それが、ある形となって暴れまくる。

見事な着想です。

そのあたりがクローネンバーグ初期の最高傑作と言われるゆえんでしょうか。

映画『ザ・ブルード 怒りのメタファー』のポスター

誰にでもある無意識という領域

それは、無意識というだけであって、本人は意識していない、あるいは、意識してはいけない領域であり、それが無制限に解放されると、本人の自我の崩壊につながります。

そんなことを実際にやってしまったらというところが、本作品の見どころかと。

現実世界では、やってはいけないことをあえてやるそこが、この映画の面白いところ。

人間の無意識下にあるドロドロがいかに醜いものか

グローネンバーグ作品で堪能して下さい

コメント