『ザ・バッド・ガイズ』韓国映画 マ・ドンソク大暴れ興行収入1位獲得

映画『ザ・バッド・ガイズ』のムビチケ映画館

元気いっぱいの韓国映画、今回も『ザ・バッド・ガイズ』が公開されました。国をあげてのバックアップ、先細り感の漂う日本映画界には、うらやましい限りです。

韓国でのお話です。

映画『ザ・バッド・ガイズ』のポスター

2019年の韓国大型連休、話題作が並ぶ中での興行収入第1位獲得だそうです

現在、新宿シネマアートで公開中https://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/

主演マ・ドンソクのお馴染み、アクション映画でございます。

まあ、内容としても娯楽作品としての及第点ではあります。

しかし、おそらく日本ではヒットしないだろうなと言うのが、率直な感想

勧善懲悪的内容は致し方ないとしても。

悪として登場するのが、日本から韓国に進出をねらうヤクザ組織

それを、マ・ドンソク、オジサンが大活躍で退治するのですから。

韓国の観客には、受けても。

日本の観客には、あまり喜んで見ることはできないですね。

もはや、日本市場は眼中にないのかな

なんて、うがった見方をしてしまいます。

まあ、韓国映画界は今年もアカデミー賞受賞者を出したくらいですから

それはそれで、同じアジア人としては嬉しいのですが。

日本映画がかなり水をあけられてしまったなと感じてしまいます。

致し方ない部分もあるのですが。

なんといってもあちらは、国をあげて映画産業をバックアップしてますから

日本映画もそれなりに頑張って入るのですが

それなりなのが、残念です

元気なのはアニメ作品と言うのも、寂しい限りで。

時代の流れでしょうか、しょうがないですね。

主演マ・ドンソク 韓国系アメリカ人

映画『ザ・バッド・ガイズ』のマ・ドンソク

1971年生まれ、1989年に家族と渡米コロンバス州立大学で体育学を学び、フィットネストレーナー、ボディビルダーとして活躍。

1994年に米国でミュージカル俳優としてデビュー、その後オーディションを経て韓国映画にデビュー。

代表作は、『新感線 ファイナル・エクスプレス』(2016)でしょうか。

これかれも幅広い活躍が期待される俳優です。

また、愚痴になりますが、こんな生きのいい役者、日本にも出てこないかな。

最近の日本映画は、アニメと内向的作品ばかりだしな。

ついぼやきができきてしまう今日この頃です。

コメント