『虎狼の血 LEVEL2』公開前に改めて前作『虎狼の血』を見てみる

映画『虎狼の血』ポスター映画館

東映お得意の分野で、スマッシュヒットをした前作『虎狼の血』、今回続編が公開されるので改めて前作を見直してみました。やはり面白いですね、人間の本性むき出しの登場人物。わかりやすいといえば、わかりやすいのです。それだけ現代の人間は表情がなくなったのかな。

アウトロー全開、東映映画お得意の傑作『虎狼の血』

映画『虎狼の血』ポスター

虎狼の血 LEVEL2』公開に先立って、前作『虎狼の血』を改めて見てみました

2018年東映製作の作品

暴力団の抗争。

そして、警察。

舞台は東映映画お得意の分野で、思う存分暴れまわります。

改めて、面白い。

時代は、昭和60年代

まだ、暴対法は施行されず、繁華街を歩けば、一目でその筋の方とわかる方達が闊歩していた時代。

昭和という時代がやけに懐かしく感じる作品です。

良くも悪くも、街には活気があり、何か起こりそうな予感があった時代。

今の様に、半病人の時代(たとえコロナがなくても)とは一線を画す社会模様。

時代背景を上手く使ってます。

もう、あのころには戻れないでしょうが、なにか郷愁を覚えます。

2021年8月下旬いよいよ続編『虎狼の血 LEVEL2』公開

映画『虎狼の血 LEVEL2』ポスター

舞台設定は、前作から3年後ということですから。

昭和から平成へと移り変わりのころでしょうか。

暴力団の抗争、警察。

この構図の中で、描き出されるのは、たんに正義ではないところが、この映画の面白いところ。

世の中、善と悪で割り切れたらそんなにいいことはない

悪を取り締まる善なる警察が、やがて悪に取り込まれ翻弄される

そこに、一個人の弱さ、はかなさが色濃く描かれる

さあ、今回は、どんなドラマが用意されているのか、楽しみです。

それでなくても、明るい話題に乏しい昨今。

せめて映画の中だけでも、弾けていたい。

久しぶりの東映の快進撃に期待します。

東映ビデオ株式会社関連サイトhttps://www.toei-video.co.jp/special/korou/

コメント