『ミラクルシティコザ』1970年の沖縄県那覇市古座、日本でなかった

映画フィルムのイメージ画像映画館

日本であって日本でなかった戦後の沖縄。そんな沖縄那覇市古座で、1970年代に米兵に圧倒的人気を誇っていたハードロックバンド「紫」。ベトナム戦争の異様な影を引きずりつつパワフルにエネルギーを出し続けた街とロックバンド。そんな時代があったと再認識します。

沖縄返還前なので正確には沖縄県ではないのですが。

日本でただ唯一地上戦が行われた沖縄。

戦後も返還されるまで、アメリカの統治が続く。

日本における米軍基地のそのほとんどを占める沖縄。

戦中から戦後まで、一番その傷跡を背負わされた沖縄。

その独自の文化と生活。

日本であって、その特殊性は際立っています。

そんな、沖縄の1970年代が舞台の作品『ミラクルシティコザ』

舞台は、コザにあるライブハウス。

そこには、米兵から圧倒的支持を受けていた、沖縄のロックバンドがいた。

そのロックバンドの当時と現在をクロスオーバーしながら物語は進みます。

ベトナム戦争の前線に送られる米兵

返還前の沖縄1970年。

激化するベトナム戦争に送られる米兵の最前線基地でした。

コザバブルと表現すればいいのか。

戦地に送られる米兵は、いつ戦死するかわからない。

戦地にお金をもっていてもしょうがない。

生きている今のうちに、思いっきり使ってしまおう。

そんな米兵の多くが、たむろしたコザ。

当然、享楽の極みであり。

湯水のように、米兵はお金を使い。

特殊な時代ではあったのですが。

そんな米兵に圧倒的に支持された日本人バンドがあった。

ハードロックバンド「紫」

映画のモデルとなったバンドです。

かなり、特殊な事情の時代と場所で、異様に輝いたバンド。

それは、時代が生んだもので。

それでいて、現在の沖縄の取り残された感の漂う街で。

そんな時代が、懐かしく思えてしまう、不思議な作品です。

映画『ミラクルシティコザ』公式サイト:https://miraclecitykoza.com/

コメント