低調な正月映画、予告編は傑作級なんだけどな『マークスマン』

映画『マークスマン』ポスター映画館
https://marksman-movie.jp/

コロナの影響が、製作現場にも及んでいるんだという事を痛切に感じる今日この頃。コロナ以降の作品の低調なこと、仕方ないんでしょうけど。なんか、劇場はアニメに占領されているようで、欲求不満がたまりますが、仕方ないんでしょうね。

コロナ以降の作品は、パッとしないよね。

まあ、製作現場もいろいろ制約を受けるでしょうから。しかたないのでしょうが。

なんといっても、『ドライブ・マイ・カー』が、アカデミー賞候補になるぐらいですから。

なんで、とおもってしまうのですが。

内容は、チェーホフのリメイクでしょう。

村上春樹の原作だそうで、そっちのほうが話題なってるのかな。

村上春樹って、毎年ノーベル文学賞の候補になるけど、そこまで。

だって、彼の作品って、カフカのリメークだったり、チェーホフのリメイクだったり

新機軸がない以上、本家は越えられないのでは。

永遠に、候補で終わるのでは。

まあ、原作の知名度に頼らなければならないほど、映画界は何となく沈滞ムード

2020年、コロナ以前の作品を拾ってきては、公開しているのが現状。

いよいよ、在庫も底をつき、コロナ以降の作品の登場。

と言うことで、正月映画第二弾、リアム・ニーソン主演の『マークスマン』

年老いた、もと狙撃手、妻に先立たれ、一人寂しい生活。

そこに、メキシコから組織に追われる、母息子。

ひょんなことから、一人残された少年を親戚のいるシカゴまで。

組織の追ってを逃れながらのロードムービー。

題材は、面白いけどね。

何となく緊張感のない映像

知的で、クセのない素直な少年

狂暴なはずの組織の追手も、もう一つの迫力不足

ただ、台本をなぞっただけではという、淡々とした流れ。

コロナ以降の作品の典型だよな。

しかたないんだろうけど。

予告編は、傑作級なんだけどな

キャッチコピーが、また微妙で。

全米2週連続興行成績第1位

これって、取り様によっては、傑作なら4週位連続で1位になるのでは

ほかに、対抗馬がいなかった

まあ、いかに新作が低調かとの認識が新たに

ただただ、愚痴ばかりが。

こんなときは、過去の名作、佳作を探そう

『マークスマン』公式サイト:https://marksman-movie.jp/

コメント