『バイプレーヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』

映画『バイプレーヤーズ』のポスター映画館

テレビドラマの人気シリーズの映画版『バイプレーヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』を見てきました。テレビ離れしているので、そうとは知らず鑑賞、軽いノリに物足りなさを感じながら、日本映画界の脇役人の豊かさをあらためて認識いたしました。

脇役というには失礼な俳優がそろって出演

テレビ離れしているので、そうとは知らず劇場版がはじめての『バイプレーヤーズ』を拝見するのですが。

田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一と味のある役者の名前が並んでいたので、期待していたのですが。

なんかこれだけの役者使ってこれかよというのが私の感想。

しかし、テレビ版の劇場用リメイクなら仕方ないかな。

そんなに肩に力入れてみる作品ではないと気付いたのは、作品が始まって間もなく、制作にテレビ東京と電通とテロップが流れた時でした。

まあ、テレビ番組ならこれで十分なのでしょうが、劇場版としてはどこかものたりなさを感ずるのですが。

しかし、私と同じくテレビ離れしている友人もこの作品を見たのですが。

彼はいたく気に入ったらしく、楽しんだようです。

なんといってもハッピーエンドの映画はあまり見ることが無いので。

まあ、変わり者というだけなのですが、シリアスな作品が好みなもので。

バイプレーヤーズ』のような軽いノリは今一好みではなくて。

テレビでは2017年からの人気シリーズのようで。

結構固定ファンがいらっしゃるようですね。

着想としては悪くないし、テレビの延長として観れば楽しめるのではないでしょうか。

日本映画は脇役人が充実してますね

映画『バイプレーヤーズ』の出演者

今回のメンバーも脇役人でありながら、主役もはれる人達ではないかと。

それぐらい、日本映画界は脇役人(失礼かもしれませんが)に個性豊かな味のある人材がそろっているのではないでしょうか。

是非ともこの豊かな人材を活用して、魅力ある作品、海外でも通用する作品を作ってもらいたいものだと。

お隣韓国では、2年連続してアカデミー賞にノミネートされていますし。

アカデミー賞が映画のよし悪しの基準ではありませんが。

海外でも評価される邦画が、最近少ないのが気がかりです

安全圏の小粒な作品ばかりではつまらないですから。

そんな作品が作られることを期待いたします。

コメント