映画『Midsommar(ミッドサマー)』狂気に堕ちた者だけが味わう自由

映画館

そら恐ろしい作品

映画『Midsommer』のプログラム

日本では、2020年2月の公開である。

つまり、コロナ騒動のドタバタで忘れられてしまった、というか割りを食らった作品です。

細々と上映はされているようですが、注目度は今一つという感じでしょうか。

家族の不幸に見舞われた、精神的に疾患を持つ大学生が主人公です

仲間と一緒に夏休みにグループの故郷スウェーデンのとある村を訪れ、そこでの出来事が、物語の中心となります。

カルト集団が形成する日常が不気味です。

私たちのすぐ脇にもあるかもしれませんね。

狂気に墜ちてゆくことで、自己から解放され、自由を得るというなんとも恐ろしい物語です。

実に、作品の作りが丁寧で、人物もしっかり描かれております。

ですから、なおさらのこと精神疾患を持った者が、狂気に墜ちて行く様が静かでありながら迫力あります。

日常における魂の彷徨

我々の日常は、ひょんなことから自我の崩壊の危機を迎えるときがあります

それは、本人が望むか望まざるかに関わらず。

そんな、魂の危機に陥ったとき人間はどうなるのか。

精神科や診療内科にかかることになるのでしょうか。

それでも解決できないときには。

カルト集団に身を任せることの安楽

映画『Midsommer』のカルト集団

自分で思い悩むのは、そこに自己というものがあるから。

その自己をある集団、信仰にゆだねてしまったら

それも、カルト的で狂信的であればあるほど。

悩みから解放されたいと願えば願うほど、それは甘い蜜の味になるかも。

まして、それが狂気に墜ちてしまうところにまで行ってしまったら、まさに、自己から解放され、自由を手に入れることが。

自由を手に入れた気になるだけなのですが。

そんな思いで、狂信的になって行くもの達が後を絶たないのでは

ラストの主人公のすがすがしい表情が不気味です

日本にも、あなたのとなりにもあるかもしれない。

日本では、オウム真理教事件があまりにも有名ですが。

魂を売り渡してしまったもの達の末路は、押して知るべしなのですが。

カルト的集団というものは、決してなくならないですね。

いまは、あまり話題にはなりませんが、幾つか噂は聞きます。

しかし、具体名をあげるのは、危険です。

じっさい、その集団が内部で何が行われてるか、皆目わからない団体は、日本にもいくつもあり。

あなただって、私だって、そこに吸い込まれて行く危険は常にあるのですから

自分は、大丈夫と思っている人ほどその危険は高いのではないでしょうか

ですから、本作品はホラーとして一流の作品です

ぜひ、劇場での鑑賞をおすすめします。

自我の崩壊による、自分からの解放、普通は耐えられないことですが、狂気に堕ちてゆくことで、何が起こるか、お確かめください。

コメント