梅雨明け、コロナ禍ですが。大衆演劇木馬館で元気をもらいましょう。

大衆演劇橘劇団公演チラシポスター歌舞伎・お芝居の世界

おそるおそる今月も木馬館にでかけました。

コロナ感染者が記録更新する中ですが、元気をもらいたくて木馬館へ

大衆演劇橘劇団8月公演チラシポスター

先月に続いて2度目の木馬館

今月は、橘劇団の公演です

8/2日曜日の夜の部とあってか、7割ほどの入りか。

コロナ禍ではしょうがないですよね。

梅雨明けとあって、これから暑さも増しますが、その前に元気なお芝居で景気づけ

と行きたいですが、おとなしく観劇となりました。

まずは、オープニングの舞踊ショーから。

大衆演劇橘劇団舞踊ショー

オープニングから全開

これいいですよね、こうでないといけません。

もうクライマックスかというノリでまずは小手調べ

この辺のサービス精神がたまりません。

舞踊ショーの後は、第2部人情時代劇

中々役者さんが芸達者でこれもまた楽しませてくれます。

毎日演目を代えて本当にご苦労様というか、すごいですね。

そして、いよいよクライマックス第3部舞踊ショ

大衆演劇橘劇団舞踊ショー

これでもかこれでもかと次から次へと繰り出してきます。

大衆演劇橘劇団舞踊ショー

座長の見事な花魁(おいらん)姿

クライマックスは、記念撮影用のサービスポーズ

橘劇団舞踊ショー

どうですか、このサービス精神流石ですね。

旅役者という何処か悲哀を感じさせるのもたまらない

彼らの生活が、いかに不安定なものか、今回のコロナ禍で更に感じますね。

しかし、何なんでしょう彼らの魅力とは。

旅から旅への生活。

不安定な収入、人気劇団はかなりの稼ぎがあると聞きますが、それでも人気商売、なんの保証もないですよね。

多くの劇団が存在する中での競争。

常に新しい物にチャレンジしてお客さんを飽きさせない工夫。

彼らにも家族がいて子供がいて。

それらを支えて行く生活

その糧を得るための全てをかけた舞台

それがにじみ出てくる舞台が大衆演劇の魅力ではないでしょうか

毎月一劇団ずつ見て、劇団による違いを楽しむのもいいですよね。

これだけ見せてもらって¥1700

本当に嬉しいですね。

女性客にとっては、手の届くアイドルと言う感じでしょか。

とにかく、華やかで元気をくれます

来月もまた行ってみよう

コメント