Amazonプライムビデオで見る日本の名画『すっ飛び駕』おすすめ

映画フィルムのイメージ画像映画館

意外と渋い作品が見つかる

Amazonプライムビデオで発見した日本映画旧作。

1952年製作、監督マキノ雅弘、大映映画配給の白黒作品です

歌舞伎の演目『天衣紛上野初花(あまにまごううえのはつはな)』を下敷きにした物語です。

江戸城で大名や家臣にお茶を出すそんなお仕事があったんですね。

そのお数寄屋坊主といわれる、河内山宋俊

この男がなかなかの曲者で

ゆすりたかりはするは、それでいて人助けに奔走したり

そんなアウトローな主人公が、暴れ回る物語です

今の作品にはない重厚さ

何しろ日本映画の黄金期に作られた作品ですから。

セットは豪華だし。

製作費もかかっているし。

監督は巨匠マキノ雅弘

今の作品との大きな違いは、役者が演技をすることでしょうか

おかしな言い方ですが、今の作品は、演技をしない普段着的演技が主流ですが

かつては、舞台の様に演技をするのが当たり前だった時代がありまして

それはそれで、舞台作品を見ているような趣で、それもまたいいものです

二度とは作れないだろう職人的作品

かつては、東宝、東映、松竹、大映、日活と映画会社がしのぎを削っていた日本映画黄金期。

各会社は、それぞれ撮影所がありそこには、映画作りの職人の世界があったのですが

いわゆる徒弟制度の様な映画村があったわけで

そこでは映画作りのノウハウが伝承されていたのですが。

いまは、もう崩壊してしまいました。

映画職人が作る作品は、もはや過去のものになってしまいました

それだけに、残された作品は貴重ともいえるもので

その多くが、家庭で気軽に楽しめるのは、嬉しい限りです

すっ飛び駕
千代田城のお数寄屋坊主というのは表向き、練塀小路に住んで、ゆすりたかりを業とする河内山宗俊は、ふとしたことから奥州棚倉藩の金子市之丞という男を救った。聞けば市之丞の父は、棚倉藩の筆頭家老であったが...
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

コメント