『虎狼の血 LEVEL2』描かれる暴対法以前の裏社会

映画『虎狼の血 LEVEL2』ポスター映画館

東映映画は、今の日本映画界では異色だ。その昔『仁義なき戦い』で一世を風靡したように、日本の裏社会を描いてきたパワーは健在だ。そんな実力を思う存分ぶつけてきた『虎狼の血』そしてその続編の『虎狼の血 LEVEL2』。しかしもっと現在を描いて欲しいと思うのは、私だけだろうか。

どうしても前作と比べてしまう。

映画『虎狼の血 LEVEL2』ポスター

前作は昭和60年の広島が舞台。

そして、今回の舞台はその3年後。

このあたりの設定が微妙にいいのか悪いのか。

『LEVEL2』は、原作にないオリジナル脚本

前作は、何と言っても役所広司の刑事役が、実にはまっていた

だから、松坂桃李の新前刑事も生きていたのですが。

今回は、役所広司はいなく、松坂桃李が主役。

やはり、前作のインパクトが強かっただけに、今作品は継ぎ足しの感が否めない

原作にないオリジナル脚本の限界か

前作にあった背筋の凍る様な暴力描写、裏社会の非情さがリメイクの範囲を出ていない。

過激であればいいという事ではないのですが、何か物足りない。

柳の下の二匹目のドジョウ狙い感を感じてしまう

しかし、そこは東映、お得意の分野でその映像、演出は冴えまくっている

裏社会の今を描いてほしい。

映画『虎狼の血 LEVEL2』ポスター

とふと思ってしまう。

作品は、昭和60年代なので、暴対法以前のお話。

あれからもうすでに20年の時が過ぎようとしています。

社会の変容もかなりのはずで。

いま、いったい裏社会はどうなっているのだろう。

そんな作品が出てこないのが不思議なくらい。

東映には、その辺りの作品を映画化してもらいたい

『虎狼の血 LEVEL2』を見ても、東映パワーは健在だ。

大人しい作品の多い日本映画会の中にあって、異才を放って欲しい

東映には、アウトロー作品があっている

『虎狼の血 LEVEL2』公式サイトhttps://www.korou.jp/

コメント