2022正月映画に選んだ『ただ悪より救いたまえ』韓国映画の勢い。

映画『ただ悪より救いたまえ』ポスター映画館
https://filmarks.com/movies/90616

コロナ禍で、映画製作もままならないのでしょうか、コロナ以前製作の作品の上映が目立ちます。正月映画も、アカデミー賞をにらんだ大作が出てきてもおかしくないのですが、何となく小粒な作品とアニメに占領された感があります。今年こそは元気な作品がみたい。

小粒になった感の正月映画。

特に話題作もなく、開幕した2022年映画界。

1/1は、映画の日ですから、割安で映画鑑賞ができるので。

はてさて、何を見ようかなと。

コロナ禍ということでしょうか。

正月映画は、これと言った話題作はなく。

まあ、アニメは盛況のようですが。

まったく興味ないので。

消去法で残ったのは、韓国映画『ただ悪より救いたまえ』

まあ、これも2019年製作ですから、コロナ以前と言うことになるのですが。

映画製作の現場も何かと制約を受ける昨今。

中々良い作品は生まれにくい現状ではあるのですが。

新作と言うよりも、コロナ以前の作品で、未公開作品を上映するパターンが増えたのも事実

致し方ないことですが、イキの良い作品を早く望みたいものです

『ただ悪より救いたまえ』韓国映画の水準の高さを、あらためて。

元韓国諜報部員のスパイナーの物語。

引退する予定が、別れた妻との間の一人娘が誘拐され。

その救出劇。

韓国、日本、タイと舞台を替えながら、ダイナミックに見せてくれます。

韓国映画の実力をまざまざとみる感じ。

とにかく、パワーで押し切るスタイルが、心地よいです

日本映画と比べたくないですが、完全に完敗状態が続いております

まあ、映画界を取り巻く状況は、かなり違うので、一概には言えませんが。

エンターテイメント界でも、韓国の快進撃はつづいてますね。

本作もその勢いを感じさせます。

ニューウーハーフ役のパク・ジョンインが、中々いい味を出して、物語にテンポを加えております。

今年も、韓国映画の快進撃は、続くのでしょうか。

『ただ悪より救いたまえ』公式サイト:https://tadaaku.com/

コメント