『ヒトラー最後の12日間』そこにはかつてのカリスマ的姿はなかった

映画『ヒトラー最後の12日間』のチラシポスター映画館

社会的不安が彼らを押し上げた

映画は第二次世界対戦のドイツの敗戦の最後の12日間を描いている。

そこには、もはやあの独裁を欲しいままにし、自信に満ち溢れていたヒトラーの姿はない。

猫背で弱々しく、ただ虚勢をはる痛ましい姿だけが印象的だ。

一般にナチ、ナチ党と呼ばれた、国家社会主義労働者党は1920年に結成された、いわゆる極右政党である。

彼らが、頭角を表すのは、1929年の世界恐慌以降の国民の不安を背景としている。

1932年の選挙で国会の第一党にのしあがり独裁政権を敷くようになる

まさに、国民の不安に乗じるかのように。

残された記録映像からは、ヒトラーの人民を先導する演説のカリスマ性、そして、国民の高揚感が伝わってくる。

時代が強いリーダーを求めた

世界恐慌という不安のなかで、民衆は力強いリーダーを求めたのだろう。

それくらい恐慌という社会不安の大きさがうかがえる。

ナチスはそれを上手く利用したのだろう。

高揚感の中で不安を忘れられる、解決できるかもしれない。

そんな一時の熱病みたいなものが、社会に蔓延する。

しかし、その末路は作品にも描かれているようにあまりにも哀れである。

国民の不満も反ユダヤ主義に乗じて、弱者に向けて行くやり方も巧妙だ

アフターコロナの時代にあって

やはり、力強いリーダーを求めるだろう。

しかし、そこは慎重に進むべき道を選択しないと。

過去と同じ間違いを繰り返さないためにも。

カリスマ的指導者に盲従して行くことは、ある意味問題の深刻さから、一時的には逃れさせてくれる。

しかし、その指導者が誤った者であったら。

その末路の深刻さをこの作品は突きつけてくる

よく目を見開いて進むべき方向を選択しよう

コメント